離婚の原因は何が多いのでしょうか?

Q.離婚の原因は何が多いのでしょうか?

A.性格の不一致、浮気、家族を顧みない、暴力(DV)を振るう・・・等々。しかし、主に裁判にまで発展する離婚原因は「性格の不一致」よりも「夫の浮気・妻の浮気」が圧倒的に多いのです。 また、民法には浮気という言葉はなく、「不貞」という表現をしています。
(民法770条1号)

コメントをどうぞ