慰謝料請求の時効

Q:以前、不倫をされて慰謝料を請求したいのですが、夫婦間の浮気に時効はあるのでしょうか?

A:はい。不貞行為にも時効はあります。

慰謝料請求権も民法上、一定の期間がたつと時効によって消えてしまいます。時効によって消えてしまえば、1円たりとも請求する事はできません。相手にとっては逃げ得というわけです。ようするに、消える前に請求しないといけません。

時効までの期間は「不貞行為があった事と相手を知ったならば、その知った時から3年」たった場合か、「不貞行為から20年」となっています。

つまり、不貞行為があった事を知り、さらにその相手を知った場合には、それらを知った瞬間から3年という短い期間で慰謝料請求権が消えてしまうのです。逆に言えば時効で消える前(3年たつ前)に請求してしまえば良いのです。

しかし、慰謝料を請求するには明確な浮気や不貞行為の証拠が必要不可欠になります。

浮気や不倫等の不貞行為の証拠については、下記のページをご覧ください。

【浮気の証拠って?】のページを見る

コメントをどうぞ