慰謝料請求の注意

慰謝料請求にあたって注意しなければいけないことがあります。

それは支払方法の決定です。

慰謝料というと、かなりの高額になる場合がほとんどですよね。つまり、分割払いの約束をすることが多いわけです。社会問題になってもいますが、 離婚の際に慰謝料と養育費の決定をしたものの、その後支払を全くしない人が非常に多いのが現実です。

個人的に慰謝料の支払を決めても、実際には支払われない恐れがあります。確実に慰謝料を確保できるよう、自己防衛はしておくべきなのです。

後々新たなトラブルが発生しないように、 きちんとした示談書を作らなければなりません。慰謝料の金額を入れた示談書作成は、 公正証書をもってすることが一番良いのではないでしょうか。公正証書を作っておくことが慰謝料請求の場合、大きなポイントになります。ある意味、判決と同じだけの効力を持ちますから、公正証書を根拠として強制執行ができることがほとんどです。これは、裁判をしなくても慰謝料の支払が確保できるということです。

慰謝料請求できたからと、安心していませんか?
本当に支払を確保できるものになっていますか? 

 難しい法的文書を安い費用で作れるのも、公正証書の大きなポイントといえます。

公正証書に関して、詳しく知りたい方はこちら

Comments are closed.