裁判証拠収集

pht_saiban_01
民事、慰謝料請求、告訴、告発、調停、訴訟、裁判資料、損害賠償請求などにご利用いただけるクオリティーの高い証拠や情報を提供いたします。

以前にも増して最近は訴訟となる問題が法人、個人を問わず増えています。そのような時、確実な情報資料が無ければ何も立証する事ができません。また、訴訟を提訴したならば原告側には立証責任があるのです。

つまり、裁判に勝つには確たる証拠が必要なのです。

料金の概算は以下のとおりです。

  • 裁判資料収集
    料金:¥105,000
  • ※弁護士の紹介を無料で致しております。弁護士への相談が必要な方は、お申し出下さい。
  • ※情報収集等、ご報告時にはもちろん、訴訟、裁判証拠、調停資料にご利用いただける報告書や資料を提供いたします。


調査料金の詳細、その他の経費について

調査料金の詳細は以下のとおりです。

  • 調査員基本2名体制。(調査状況に応じて人員は増員。)
  • 特殊機材、現像、DVD作成、報告書は無料です。
  • 待機料、早朝、深夜割増はありません。
  • 車両代6000円。(燃料費は50キロ毎で1,000円。)
  • 交通費(高速・有料道路・新幹線など用途に応じて)は別途実費分ご請求。

調査料金について
経費は、謄本費用及び当探偵事務所から調査地への往復交通費など明確な実費のみとなります。

調査料金の詳細、その他の経費については「調査料金について」をご覧ください。
 


裁判証拠収集調査の重要性

裁判(特に民事裁判)の証拠は、当事者側が収集しなくてはなりません。clear style 綜合探偵事務所では、訴訟、裁判、和解調停などの案件において、こちらが有益な条件を提示できるよう、また、裁判を有利に展開できるように、ご依頼主や弁護士により指示を受け、あらゆる証拠と情報収集作業を当調査員が迅速かつ確実に遂行いたします。

しかし、実際に裁判に持ち込まれ、ご依頼人(もしくは対象者)が判決を言い渡されたという事例ばかりではありません。それは、裁判に持ち込まれる前に決着をつけてしまうためです。

こちらの方が証拠能力が高いということを前提に、相手方の弁護士に見せ説得します。立証力が高く、相手や、相手弁護士が説得に応じれば、大抵は裁判をせずにして決着がついてしまうのです。

近年では離活(離婚活動)という言葉をよく耳にしますが、clear style 綜合探偵事務所では、この離婚の準備期間に依頼する方が最も多く、20代~40代の方だけでなく、50代~70代で熟年離婚する方も増えていま す。浮気が原因で離婚する場合にも、慰謝料・財産分与・養育費・親権問題など様々な問題が発生します。新たな人生のライフスタイルを確立する為にも、確実な証拠を掴む事は必要不可欠です。

夫婦生活を送る中で浮気の証拠を掴むのは、とても困難といえます。相手の携帯電話を見て、浮気が確実だとわかったとしても、プライバシー問題が発生する為、裁判において確実な結果を出すことは難しくなってしまうのです。そのような理由から、探偵・興信所を利用する方が増えていますが、探偵選びを間違えてしまうと重要な証拠を逃してしまう場合があります。

東京clear styleはこの重要視される証拠を収集し、皆様の新たな人生の第一歩の力になります。

shim
clear style 綜合探偵事務所では、以下のような調査依頼は一切お受けしておりません。

  1. 名誉毀損
  2. ストーカー行為の助長
  3. 違法または人権侵害につながる調査