こんな探偵・興信所には注意!

現在、日本にある興信所や探偵社を名乗る業者は数千社と言われています。探偵業界にはまだまだ誇大広告や悪徳業者が存在し、不安を抱く方が多いのも実情です。下記のような探偵や興信所には、十分ご注意ください。


不当な行為を宣伝している探偵・興信所

  • 別れさせ屋などの「別れさせ工作」や「復縁工作」「復讐代行」などを行う行為
  • 盗聴盗撮行為やストーカーや名誉毀損などを行う行為
  • 電話やメールの発信先や着信や発信の履歴・内容などの通信の秘密を暴く行為
  • 許可無く車両などに位置情報発信機等を取付ける行為 

この様な行為は、探偵・興信所として正当な行為とは言えません

違法な調査や公序良俗に反する事は依頼しないようにしましょう。良識ある業者はこのような依頼は決して受件しません。 
決してこのような業者には相談や依頼をしないようにしましょう。


誇大広告をしている探偵・興信所

会社の見せかけの規模や立派さ、客を釣るような広告に惑わされていませんか?

電話で社名を名乗りましたか?

社名を名乗らない探偵、興信所が大手にもあります。
これは昔から不当な探偵社が使う広告で、複数の名称を使って同一箇所で電話を受けている可能性があります。

見せかけの建物の立派さや規模の大きさと、実際の調査に関しての誠実さと能力は全く関係ありません。
実際に足を運んでみて、本当に事務所が存在するか確認してみるのもいいでしょう。

探偵を選ぶときは規模や立派さに惑わされず、ご自身に合った信頼出来る探偵・興信所に依頼しましょう。


不当な契約書を扱う探偵社

契約書の交付は探偵業法で決められており、反すれば違法となります。契約書は後日、トラブルとなった場合の証拠となるものです。見積書や契約書は必ず控えを貰うようにし、保管しておきましょう。依頼の手続きを聞いた時点で、これらが交付されない、または全てが1枚の紙におさまっているなどする場合は、すぐにその探偵に依頼するのはやめておきましょう。

業法で定められている、契約書に記載しなければならない事項はこちら 
【第八条の重要事項の説明等】


料金に関する注意

格安料金や着手金ゼロ円などの表示に御注意下さい 。

しっかりとした責任ある調査を行うには、ある程度の料金は必要です。客を「釣る」目的で格安料金を表示している業者には、下記のような問題をおこしている事例も多々あります。

  1. 報告もなく延長調査を行い、さらに調査料を請求された。
  2. 当初は安く見積もり、後から高額な追加料金を請求された。
  3. 調査とは言えないような、ずさんな報告や連絡が無い。

法外な高額料金にも御注意を!

逆に相談者の料金情報に関する不足に「つけこみ」、高額な料金で見積りをする業者にも注意して下さい。高額だからと安心されている方も多数いらっしゃいますが、中には、下記のような事例も多々あります。

  1. 必要以上の人員を使って調査費用に加算している。
  2. 無駄に調査時間を長くしている。
  3. 高い料金を支払ったのに、それに見合った調査力がない。

探偵・興信所選びに失敗した方の相談で多くみられるのが、料金トラブルです。

契約前に最終的にかかる費用や料金を詳しく質問し、曖昧な点はないか事前にチェックしてください。


最後に~探偵選びを失敗しない為に~

 探偵や興信所選びで失敗してしまった方に共通する原因は、探偵に関する知識がないまま、冷静に判断せずに契約してしまっている点です。
探偵や興信所へ依頼する方の多くは精神的に余裕のない方が多い為、余計に冷静な判断が難しいのでしょう。

上記の内容を読んで、これではどの探偵社に頼んでいいのか余計に分からなくなってしまう方もいるかもしれません。

探偵や興信所の調査能力を判断するのは難しいことですが、分からない事は遠慮せず質問をしてみるのは良いことです。
経験豊富で知識・実績のある事務所なら質問に丁寧に答えてくれますし、事務所の態度を見て、信頼できるかどうかの判断もできると思います。

初めから一社に絞らず、何件か足を運んだり相談してみて、ご自身に合った信頼出来る探偵社・興信所に依頼しましょう。


clear style 綜合探偵事務所では、お客様のご依頼内容に対し最小限の費用でご満足頂ける結果を提供できるよう、調査員一同尽力致します。

探偵に依頼することは、一生に一度あるかないかの非常に重要な問題です。

探偵を選び調査を依頼するのはお客様ご自身です。

効果的かつ十分な調査をしてもらえるのか、信頼できる探偵かを見極める事が重要なのです。